ヘッダー

魚沼産コシヒカリの美味しいごはん

魚沼産コシヒカリの
美味しいごはん

雪解け水、寒暖差、霧といった魚沼地域ならではの自然条件が育む「魚沼産コシヒカリ」。
甘み豊かで噛めば噛むほど味が出る「魚沼産コシヒカリ」の美味しい食し方を追求しています。

雪解け水、寒暖差、霧といった魚沼地域ならではの自然条件が育む
「魚沼産コシヒカリ」。
甘み豊かで噛めば噛むほど味が出る「魚沼産コシヒカリ」の美味しい食し方を追求しています。


長岡市(川口)・小千谷市・魚沼市・南魚沼市・十日町市・湯沢町・津南町の、5市2町で獲 れたお米のみが名乗ることができる「魚沼産コシヒカリ」。
米の色味ランキングでは毎年連続「特A」に認定されている、国内最高評価の良質米です。
その美味しさの秘密は、谷川岳から流れる雪解け水にあります。豪雪地帯として知られる魚沼 エリア。毎年春には、山一面を覆う雪が解けはじめ、雪解け水が魚沼を流れる川に流れ出します。
雪深い山から溶け出した水は、酸素を多く含んでいます。溶存酸素が多いと、微生物が有機物 を分解しやすくなるため、稲が栄養を吸収し、甘くて美味しいお米が育ちます。
魚沼産コシヒカリの美味しい理由は、ミネラル豊富な雪解け水にあるのです。 当館は、そんな 魚沼産のお米にこだわり、提供しています。
ここでも水がポイントです。
お米を洗うお水、炊き上げる水も、お米が育った地元の柔らかいお水を使っています。
都会でも魚沼産コシヒカリを取り寄せて、食べることはできますが、現地で食べたものと味が違うって感じたことありませんか?
美味しいごはんを炊き上げるときに一番重要なのも、またお水です。
そして、当館で提供するお米は、お召し上がりいただく時間に合わせて、釜で炊きあげています。ふたを開けた瞬間立ち上がる湯気、お米一粒一粒のつややかさなど、釜炊きだからこその贅沢を独り占めいただけます。
釜で炊き上げるお米は、生育環境と同じ水で炊き上げるのが最も美味しいと言われています。
魚沼の清流で育った魚沼産コシヒカリを、魚沼の清流で炊き上げる。どんなご馳走よりも美味しい、最高に贅沢な一品です。 どこか懐かしい、古きよき日本の原体験でもある釜炊きごはんを、ぜひ心ゆくまでご堪能ください。
「最高の食材は、そのまま食べるのが最も美味しい」と言われています。
噛めば噛むほど甘みが増すお米を、できる限りシンプルに味わってもらいたい。そうした思いから、当館ではごはんとともに、3種類の塩をお出ししています。
お好みの塩をご飯の上にパラパラとふりかけ、そのまま食す。ほんの少しの塩気が、ご飯の甘みをさらに引き立てます。 あまりの美味しさに、この食べ方だけでご飯を3杯おかわりされたお客様もいらっしゃいます。3種類の塩は、新潟笹川流れのお塩、ローズソルト、フランス産など、オススメのものを提供しております。

当館では南魚沼産の特A地域の中でも、
特に美味しいお米がとれる塩沢地区のお米、
石坂さんが作る「塩沢コシヒカリ」を提供しております。
こだわりは何といっても「従来品種こしひかり」。
魚沼産でも栽培の難しい従来品種はとても少なくなっていますが、
とっても美味しいお米です。
詳しい記事の内容はこちらをご覧ください。

 続きを読む